<メインキャラクター> <サブキャラクター> <夢魔と魔の眷属>







アルバート<物語を導く者>

  夢の世界に迷い込んでしまった本編の主役にしてプレイヤーの分身。脱出する方法を求め夢の世界を彷徨う。

  果たして無事に夢の世界から抜け出すことができるのだろうか…



デュルト<旅する夢見>

  アルバートとほぼ同時期に夢の世界に迷い込んだ青年。そのため、立場の似たアルバートの気持ちを代弁してくれる。

  初めは夢の世界に戸惑いをみせるが、しだいに頼もしい仲間へと成長していく。人情に厚く、ムードメーカーである。



カイナ<赤い癒し人>

  魔法国ジュノで軍隊長を務めている少女。その身には尋常でないほどの魔力を秘めており、本人にも制御はできていない。

  国の人々からは容姿の美しさと行動力から、女神フィリアの生まれ変わりと噂されている。



ソルーソ<護衛剣士>

  夢の世界に迷い込んだ人物の一人。過去の陰に囚われていたが、カイナと出会ってからは護衛剣士として行動している。

  かつて魔法国最強と言われた男の言動は常にクール。夢の世界から出るには魔王を倒すしかないとアルバート達に伝え、共に行動するようになる。



ユリメル<慈愛の狩人>

  かなり昔に夢の世界に迷い込んだ女性。現在は帝国軍に身を置いて、ある町を戦争や魔物から守っている。

  数多くの夢見と面識があり、夢の世界に対する知識も計り知れない。ただ、古株ゆえか…彼女の喋り方は若い女性とチョット違う。



リビト<恋する魔術師>

  大魔道士を目指して魔術の特訓をしている少年。現在は賢者ザギンの下、賢者の山で修行中。

  幼少の頃に自分の命を救ってくれた女性を振り向かせたいが一心で始めたらしいが、その恋は未だ成就されていない。頑張れリビト!






〜 第一章 〜

エヴァンスレイ

  突如、アルバートとデュルトの前に現れた幽霊。かつて強大な敵と戦って敗れたと言う。

  第一章の時点では謎の存在である。
ウナツラ

  ルアーナの長老。ルアーナが帝国に襲われようとしている時に偶然現れたデュルトが、世界を救う夢見であると信じて疑わない。

  悪い人ではないのだが、デュルトは苦手気味。
トルン・ソアラ・ハーバル

  アルバート、デュルトよりも早く夢の世界に迷い込んだ夢見達。魔王を倒すべく旅をしているのだが、魔物退治や戦争など厄介事に良く巻込まれる。

  旅先でアルバート達にアドバイスや力を貸してくれる。
ぺティー

  夢の世界に迷い込んだことに動揺しているのか、ただのせっかちなのか…いつも落ち着きのない女性の夢見。

  強力な魔物が徘徊するこの世界をただ1人で旅している。実は凄い実力の持主なのでは?との噂もあるが本人からはまるで感じられない。
ルカ

  港町ダリアに住む造船所のリーダー。ユリメルの昔馴染みでもある。

  若くして造船所のリーダーを任せられており、技術と指導力が高く、皆に慕われている。
ハンス

  帝国軍の軍団長。行動力にあふれ、強気の姿勢を常に示している。

  ただし、魔王に占拠されている現在の帝国を良くは思ってはおらず、このような状況を憎んでいる。
ザギン

  夢魔を封印することの出来る大賢者。魔力を増幅することができるという賢者の山で暮らしている。

  リビトを弟子にしている。





〜 第一章 〜

グランヴァール

  帝国軍最強の剣士にして夢魔でもある。

  残虐非道な性格で知られており、ルアーナを襲撃する帝国軍を指揮している。
マイラ

  賢者の山でザギンを倒そうとする夢魔。しかし、あまり攻撃的な性格ではない。

  その昔、ある者と仲間同士であったらしいが…
エレナ

  賢者の山でザギンを倒そうとする夢魔。かなり攻撃的な性格である。

  闇魔法が得意であり、数多くの者を血で染めてきた。
魔王

  アルバート達を夢の世界に閉じ込めた張本人にして夢の世界を苦しめている元凶。

  しかし、魔王の姿を直接見たものはほとんどいない。魔王の配下には強力な夢魔や魔物がひしめいている。