バグ/不具合/対策 レポート

ここでは、Mystic Dreamerをプレイしていく中で、
修正できなかったバグや不具合について説明します。

現在のところ、ゲームクリアに対して致命となるバグは見つかっておりません。
安心してプレイして下さい。


★ 「逃げた」のに経験値を入手した。
★ 「夢魔封印」で余計な動作をした。
★ ダメージでマイナス値が表示された。
★ バックアタック、サイドアタックで技のエフェクトが反転していない。
★ Windows Vistaでムービーが再生されない。
★ RPG_RT.exe が ウイルスとして検出される。





★ 「逃げた」のに経験値を入手した。

《 事象 》
戦闘で逃げたのに経験値/熟練度/アイテムを入手する画面が表示され、経験値等を取得した。

《 再現 》
バトルモードを「アクティブ」にする。
1.仲間が2人以上の状態で戦闘を行う。(例:アルバート、デュルト)
2.敵が攻撃を実行する。
3.アルバートが「逃げる」を選択。
4.デュルトが「攻撃」を選択。
5.アルバートが「逃げる」を実行し、戦闘から逃げる。

通常は”3.”と”5.”の間に割り込みは起き難いのですが、”2.”で敵の攻撃シーンが長いと”4.”の割り込みが発生することがあります。

《 コメント 》
開発ツールの仕様で「逃げた」/「逃げてない」の判定がコマンド選択時にしか出来なかった為、このバグは修正できませんでした。申し訳ありません。
お得なバグに該当するので、起きたら『ラッキー♪』と思ってください。
理屈が分かると狙って起こせたり…します。

△一覧に戻る







★ 「夢魔封印」で余計な動作をした。

《 事象 》
リビトが夢魔封印コマンドを選択したと同時に、敵を攻撃した。

《 再現 》
夢魔との戦闘シーン
1.リビトで「攻撃」を選択し、攻撃対象のカーソルを表示させる。
2.キャンセルボタンを押して、リビトのコマンド選択に戻る。
3.リビトで「夢魔封印」を選択する。

”3.”を行うと、同時にリビトが攻撃のモーションをします。これは単体攻撃の黒魔法でも同様の事象が起きます。その後は、(a)敵にダメージを与える。(b)リビトにダメージを与える。(c)ダメージは発生しない。と、3つのどれかになります。

《 コメント 》
開発ツールのバグのようで、修正する方法が見つかりませんでした。申し訳ありません。
「夢魔封印」を選択するターンではなるべく他のコマンドを選択しないようにして下さい。
もし、他の選択してしまった場合は「アイテム」の「目薬」など(a)〜(c)で影響の少ないものを選択・キャンセルして「夢魔封印」を選択して下さい。

△一覧に戻る







★ ダメージでマイナス値が表示された。

《 事象 》
闇属性を吸収する敵に、即死効果のある闇属性攻撃魔法を使用するとダメージが白色でマイナス値が表示される。

《 再現 》
常に起きるわけでない。
1.クリスナイトと戦闘を行う。
2.リビトが「黒魔法」で「デッドエンド」を使用する。

プレイヤーによっては、発生しない場合もあります。
白色(ダメージ)のマイナス値は緑色(回復)のプラス値と同じ意味です。

《 コメント 》
開発ツール側のバグのようで、修正できません。申し訳ありません。
ダメージ計算自体は正しくされているので表示のみのバグとなります。

△一覧に戻る







★ バックアタック、サイドアタックで技のエフェクトが反転していない。

《 事象 》
バックアタック、サイドアタック時に技を使ったが、表示されているエフェクトが逆に表示されている。(通常戦闘時のエフェクトのままである。)

《 再現 》
1.バックアタック、サイドアタックの戦闘を行う。
2.「剣術」「弓術」など技を使う。

ただし、通常武器攻撃は正しく表示されます。

《 コメント 》
開発ツール側のバグであるのと、バックアタック/サイドアタックを認識することが出来ず、修正できません。申し訳ありません。
バックアタック/サイドアタックの発生確率は低い為、頻繁に見ることはありません。

△一覧に戻る







★ Windows Vistaでムービーが再生されない。

《 事象 》
オープニング付近(遺跡の部屋のドアを開けた後)で突然エラーメッセージが出る。(Windows Vista)

《 再現 》
1.Windows Vistaでプレイする。
2.ニューゲームで始め、オープニング付近のオープニングムービーを見る。

《 コメント 》
オープニングムービーはaviファイル形式です。
Windows Vistaではデフォルト設定のままだとaviファイルの一部が見れない事象があるようです。
そこで、オープニングムービーを見ることの出来ない方は以下の設定をして下さい。
1.「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」、「コマンド プロンプト」を右クリックして、管理者として実行する。
2.コマンドラインに次の一行を書いて実行する。
regsvr32 ir50_32.dll

『 DLLRegisterServer は成功しました。 』と表示されれば、見れるようになるはずです。

△一覧に戻る







★ RPG_RT.exe が ウイルスとして検出される。

《 事象 》
mysticdreamer.exe からゲームが起動しない。(RPG_RT.exe が消えている。)
アンチウィルスソフトがRPG_RT.exe をウィルスと判断して強制的にファイルを削除する。
(※2009/10/1時点情報: 主要アンチウィルスソフト 16 / 41 で誤検知)

《 再現 》
1.アンチウィルスソフトをインストールする。
2.本作品のフォルダをスキャンする。

《 コメント 》
アンチウィルスソフト側の誤検知であることが判明しています。
アンチウィルスソフトの種類によってウィルス定義されているものとされていないものがあるようです。おそらくこの誤検知の修正が全てのアンチウィルスソフト会社側でされるとは現実的に考えにくいです。

対処法の1つとして、常駐しているアンチウィルスソフトの『スキャンの除外』に該当する機能で本作品(格納先のフォルダ)をチェック対象外に設定し、もう一度ダウンロードしてソフトを解凍することで回避できます。

一番良い対処方法は、開発ツールの販売会社(enterbrain)がRPG_RT.exeファイルをウィルス定義に引っかからないバージョンへアップデートすることなのですが…

△一覧に戻る